prefix="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> 子ども3人が発達障害と発覚した時の私の気持ちと3人の症状 | HARUHAKU子育てのブログ

子育て

子ども3人が発達障害と発覚した時の私の気持ちと3人の症状

投稿日:

お母さん
どうも!3人の兄弟を子どもに持っている、お母さんです!

お久しぶりです!久々の更新記事です(笑)今回はいつもと趣旨が少し変わります。いつもなら何歳の子は~とか、どういう所に行きたいとかそういうのを書いていたのですが、今回は、私の子どもが3人とも発達障害だという事がわかったので、日記のような事を書きます☆

子ども3人が発達障害だと知った時

長男はるるんは、小学1年生の10月の時に、ADHDという発達障害だという事がわかりました。そして、今年の4月に次男はっくんがADHDのグレーゾーン、三男えいちゃんはADHD・自閉症・知的障害だと言われました。

長男の時もそうですが、次男三男が発達障害があると聞いた時は、凄く納得しました。だって何かがおかしいとずっと思ってたのですから。

長男はるるんの場合の症状

長男はるるんは、いつまでも落ち着きがなく動き回り、少しでも走れるスペースがあると、10歳になった今でも走るんです。スーパーとかデパートとか一緒に行くと、少し目を離すと走ります。

もちろん、車の中や、スーパーやデパートに入る前など、「走らない!触らない!大きな声をださない!」この3つを、3回言って約束してるんです。でも入ったとたんに忘れるようで、走るし、大きい声出すときあるし、とにかく本当に落ち着きがないんです。

もっというと、色々なものに興味を持ったりもするので、前を見て歩くのではなく、横や後ろや上などを見て歩いたりもすることがあるので、人にぶつかることもあるし、外では車にひかれかけたことが何度かあります。

さらに、はるるんはてんかん持ちです。松本りき先生という、てんかんで結構有名な先生に診てもらったことがあるのですが、悪質なてんかんらしく、てんかん持ちの方や家族がてんかんの方ならわかって頂けると思うのですが、てんかんには脳全体から出ているものと、部分的なところから出ているものと、だいたいはこの2つに別れているのですが、はるるんの場合はこのどちらでもなくはっきりしないということです。

てんかん発作が出た時の症状も、見た目だけじゃわからないという難点があり、てんかん発作が出ると体がけいれんするというのが有名なことだと思うのですが、はるるんの場合は、体のけいれんはありません。脳だけがけいれんするんです。だから呼びかけでも反応ないし、一点を見つめてぼーっとしてる、これだけなんです。

ADHDは、注意欠陥・多動性障害なのですが、はるるんの場合は多動性が凄く出ていて、上記で述べた通り、落ち着きがありません。注意欠陥の方はインチュニブという薬のおかげで、少し良くなっていまして、低学年の頃は毎日のように忘れ物がありましたが、今ではそれが少し減りました。まぁ学校に教科書を置かせてもらっているというのもありますけどね(笑)

それでも、手紙などを私に渡すのを忘れることがあり、私も覚えている時は「手紙出して」と言うのですが、忘れている時は絶対出さないです。手紙や連絡帳を置く場所を決めているんですけどね。なかなか難しいようです。

はるるんがADHDですと伝えられた時、私は驚きよりも、納得して逆に安心もしました。これではるるんとどう関わっていけばいいのかがわかるし、どう子育てや教育をしていけばいいのかがわかると、凄く安心しました。

今現在は、特別学級というクラスに入り、普通のクラスではついていけない基本などを、はるるんのペースで教えて貰っています。家では進研ゼミのチャレンジタッチをしています。タブレットだと予習や復習を何度も繰り返して出来るのでとても良いですよ!

もちろんチャレンジタッチをして良いかどうかは、病院の先生に聞いて許可は貰ってますよ。てんかんもADHDの方も少しずつ良くなっていってくれたらいいなと思っています。

ハルルン
僕が、長男のはるるんだよ!勉強邪魔くさい~。ゲーム大好きだからゲームしたいんだけど、お母さんがダメって言うんだ。
お母さん
てんかんあるんだから、ダメっていうにきまってるでしょ!今は30分していいってなってるんだから、それでいいでしょ~。

次男はっくんの場合の症状

次男はっくんは、現在8歳です。発達障害といってもグレーゾーンなんです。ADHDの症状に近いけど、発達障害と言えるほどのレベルまでにはいってないということですね。ということは、タイトルの題はウソになっちゃう?でも本当その症状に近いと、そう病院から言われたんです。

グレーゾーンと言われたときは、納得いきませんでしたが、でも実は私も高機能広汎性発達障害のグレーゾーンとも言われいるので、私と同じなのかとも思いました。グレーゾーンって一番困るんですよね。病気とは認めてもらえないからです。

はっくんは、動き回るもありますが、はるるんほどではありません。というより、はるるんが一緒にいると走ったり暴れたりしちゃうタイプです。はるるんがいなかったら、おとなしい方です。

はっくんは、注意欠陥の方が凄くめだって見えています。はっくんのノート類をあなたに見せたいほどなのですが、なぜか真っ白なページが何ページも出て来るんです。例えば連絡ノートなのですが、ハックンの場合1日1ページ連絡事項を書くんですね。それならまだ良いのですが、なぜかその横のページを白紙でとばして、さらにその次のページに翌日の連絡事項を書くんですよ。伝わりますかね?

1ページまるまる白紙のまま飛ばして、次のページに書くんです。この事で何度も注意しているのですが、直らないんです。そして、ページを飛ばしてしまっていることを、本人は全く気付いてないんです。言われないと気付かないんです。

あと、学校の先生が教えてくれたのですが、机の中めっちゃ汚いらしく、先生がそれに気づいてからは、出来るだけはっくんにきれいにする様に伝えてくれているようなのですが、机の奥の方から1ヵ月前に渡した手紙が出てきたりしたこともありました。

忘れ物も多く、持って行く方よりも、持って帰らないといけない物を忘れるんです。手紙や水筒や弁当箱などを忘れるんですよ。何度取りに学校に戻ったか、数え切れません(笑)

また、はっくんは、言葉の聞き取りや、聞いた言葉を文字に表すのが苦手です。例えば、「おとうさん」を「おとおさん」と書いてしまったり、「カレー」を「かれえ」と書いてしまったり、「ティッシュ」を「てぃしゅ」と書いてしまいます。

言葉の部分の難ありという事で、週1で、放課後に1時間ほど通級指導教室に入っているんですよ。

ハックン
なぜ僕は、ここに通わないといけないの?

と聞かれたことがあります。「はっくんは言葉が少し苦手みたいだからだよ」と答えました。もちろん本人は納得してなかったですが、学校の先生が上手く伝えてくれたみたいです。今は文句も言わずに、通級指導教室に通っていますよ!

はっくんも、チャレンジタッチをして、勉強を頑張っています。はるるんがするなら僕もしたいという事で、始めました。はるるんとはっくんって年子なんですよ。はるるん4年生はっくん3年生なんです。年子だからライバル意識が凄いし、相性も悪いのでケンカばかりしてますが、やっぱり兄弟、仲良く遊んでいる時もあります。

同じADHDでも、はるるんは多動性。はっくんは不注意。個人で違うものですね。その人に合わせたやり方があるんだと、私も日々勉強させられています☆

三男えいちゃんの場合の症状

えいちゃんの場合、自閉症・知的障害・ADHDです。これを言われたとき、納得がいくものが凄くあり、そしてかなり厄介だと感じました。現在えいちゃんにはどうしてあげるのが一番良いのかと、試行錯誤しているところです。現在4歳のえいちゃんですが、知能は2歳前後です。最近になって魔の2歳と言われているものが出てきています。

「自分でする!」「イヤイヤ」が4歳で出るんですよ。運動面だけは標準なので、2歳の子どもより力があるんです。最近で一番困ったのは、保育園から帰る時のイヤイヤです。泣きわめき、もっと遊びたい帰りたくないと暴れるんです。コロナの影響で、保育園の中に入れないため、先生に抱っこしてもらって靴を持ち、私のところまで来てもらうのですが、もうギャン泣きです(笑)

私が抱っこすると、4歳だから、蹴ってくるわ殴ってくるわ、力があるから痛いしかなりイライラします。まぁ車に乗せた後にめっちゃ怒りましたが、どこまで伝わっているのかがわかりません★

言葉も遅く、今2語文か3語文くらいしか話もしません。宇宙語もまだ抜けていません。何話しているのか、何を伝えたいのかがわからないことがまだあります。手先も不器用で、まだお菓子の袋を開けることができず、やってと言ってきます。

手先が不器用なら、縄跳びをさせると良いと病院の先生から教えて貰ったことがあり、なぜ縄跳びなのかと言うと、不器用な子どもって、まず縄を回すときに肩を使って回すんですよ。慣れてきたらひじで回すようになり、さらに慣れたら手首で回すようになるという事です。

知らなかったら手先の練習をさせてますよね!縄跳びの練習をさせたいところですが、えいちゃんに合う縄跳びが、なかなか見つかりません。100円ショップに売っている縄跳びだと、紐っていうんですか?ロープが長いんですよね~。

上記が知的障害部分になるのかなと思います。そして自閉症、えいちゃんの場合、物を置く場所にこだわりが出ていたり、食べ物の好き嫌いが激しく、特に食べたことが無い物は凄く拒否します。物に対しても、新しい物は嫌がりますね。でも自分で見つけた新しい発見や物は、拒否が無く喜んだりしています。

物覚えも良い方かなと思います。誰かの家がもうすぐとか、もうすぐ病院など覚えていますね。そこは凄いなと普通に思います。本当に知的なの?って思ったりしたこともあります。

自閉症の症状はこのような感じでしょうか。

そしてADHD、これははるるんと凄く似ていて、じっとすることができません。寝ている時以外、常に動いています。食事の時ももちろん動き回っています。何度も注意しているのですが、ダメですね。聞いてくれません。

現在していることは、言語聴覚士という先生に言葉の訓練をしてもらっています。あと1年半もしないうちに小学生になるので、それまでに自己紹介だけでも出来るようになれればと思っています。まだ「お名前は?」と聞かれても、答えることが出来ないんですよ。何歳かも言う事が出来ません。

えいちゃんに対しては、本当に試行錯誤の毎日です。どうしたら良いのかわからないんです。これから色々発見して、どうしていけばいいのかを知っていくんだろうなって思います。

ちなみにえいちゃんは、斜視の弱視もあり、医療用の眼鏡もかけています。えいちゃんはいろいろありすぎるやろ~って思います(笑)一番大変のは本人ですけどね☆

まとめ

子ども3人には、大人になったら独り立ちでいるようにするというのが、私の目標です。親に頼らなくても自立し、一人でも生活していける、そのような大人になってほしいので、これからも私は子どもを連れて、病院巡りをします。

学校や病院の先生に頼ってばかりな生活ですが、私一人ではどうしようもないです。友人にこの話をしたら、一人で出来ないのは当たりまえなんだから、頼れるところには頼ったら良いし、いつでも相談のるよと言ってくれました♪

私の子ども3人は、発達障害。でも楽しく暮らしています。このようにしたら良いんだっていう発見があると、凄く嬉しくなります。こういうところで、子育てのやりがいっていうのが出るのでしょうね!

-子育て

Copyright© HARUHAKU子育てのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.